読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是適当~りすけ的生活日誌

超虚弱体質・親の介護しながらMac1台で食ってますw

「毎週更新」を目標に掲げているメインブログはこちら♪→「NEWS2・5・10(ジコチュー)」


【スポンサードリンク】


検査したところが一番痛いってどゆこと!?w

why?

 

ども、りすけです。

 

ちょっと1日死んでたんで、日付ごまかして今日の分にしちゃうw
(一応、毎日更新するってのが目標なので…こんな早々と挫折するのもアレなので^^;)

 

今日のお話は…まあタイトル通りっすね…_| ̄|○ il||li

 

 

いわゆる『患部』よりも違う方が痛い

 

患部があるのは…右胸なんだけど。

昨日の日記で書いた通り、マンモグラフィーでの力技が災いしてか、左胸が強烈に痛いーーーー(T_T)

 

↓ 昨日の日記 ↓

 

riskett.hateblo.jp

 

そんなワケで、疲れも取れない痛いダルい…ってんで、1日死んでましたわ(^_^;)

 

検査って実は一番大変

 

前に入院・手術した時も思ったんだけどね。

とにかく検査が一番大変なんだよね。

 

手術前の検査よりも、手術自体の方がなんだかんだ言って楽だった気がする。
(これは手術の種類にもよるだろうけど…)

 

手術後に高熱が出てガタガタ震えて、気がついたら毛布を6枚もかけられてて暑くて目が覚めた…っていうのも、今となっては笑える思い出ではあるけれどねw

 

手術する前にも、何種類もの検査を受けてその手術が出来る身体かどうか確認するワケだから、必要なことなんだろうけど。

その検査だけで身体が弱ってしまいそーだな、とか考えてしまった。

 

…てか、今回は手術するかどうかもわからないんだけどね、まだ。

 

確率五分五分のまま、年越しって結構辛い

 

自分のことに関しては結構メンタル強い私だけど。

まだ何事も確定してない…ってのが実は結構キツかったりする。

 

決まってしまえば、悪性だろーがなんだろーが肝を据えることができるんだけどなー。

 

年明けにやる検査も「麻酔はかけますが、かなり痛みを伴います」とかマジ顔で言われると…あー…と憂鬱にもなりますがな。

 

それにしても、やるって決まってるんなら早く終わらせたい。

 

そんな、早くまな板の上に乗りたい鯉な私でした…笑

 

 

元々、「線維筋痛症」って病気を持ってるんで痛み止め(ロキソニン)は毎日必須で飲んでるんだけど。

でもこれ以上は増やせないんだよね…とか言いながら、自分でイブ買って飲んでたり…(たまに、ちょっと耐えられない時だけね)。

 

これでも結構痛みには強い方なんだけどね(^_^;)

 

 

マンモグラフィによる乳がん検診の手引き-精度管理マニュアル-

マンモグラフィによる乳がん検診の手引き-精度管理マニュアル-

  • 作者: 大内憲明,精度管理マニュアル作成に関する委員会
  • 出版社/メーカー: 日本医事新報社
  • 発売日: 2016/03/07
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 
みんなが信じている健康法のウソ

みんなが信じている健康法のウソ

 
中村清吾の乳がんが見つかったときにまず読む本―発見・検査・治療・再発防止のすべてがよくわかる (名医の最新治療)

中村清吾の乳がんが見つかったときにまず読む本―発見・検査・治療・再発防止のすべてがよくわかる (名医の最新治療)

 

 

検診衣は病院にあるので買わなくていいっすwww

 

乳がんになったら…って本、今から読んどいた方がいいかな?

確定してからでいいかな?

 

 

広告を非表示にする