日々是適当~りすけ的生活日誌

超虚弱体質・親の介護しながらMac1台で食ってますw

「毎週更新」を目標に掲げているメインブログはこちら♪→「NEWS2・5・10(ジコチュー)」


【スポンサードリンク】


病院、行って来たぜ

f:id:riskett:20161227233400j:plain

 

ども、りすけです。

 

紹介された病院、行ってきました。

今年最後の営業(?)日。笑

 

実際は女医さんでしたwww(上の写真はイメージですw)

 

 

てか、めっちゃ疲れて何も言えねえ。

それにしても…検査ってなんであんなに…じゃなくてこんなに疲れるんだろ…。

 特に混んでもいなかったし、待ち時間もそんなに長くなかったにも関わらず、この疲労感。参る。

 

…てか、そーだ。私、病人だったわw←自覚足りなさすぎw

 

今日の検査メニュー

本当のところ。

今日、腫瘍と思しきところから組織を採取して…ってことをやるのかと思ってたんすけどね。

(コトはそう簡単ではないらしい…ってのが先生の説明聞いたらわかった←だから自覚が…www)

 

検査メニュー①超音波検査

 

これは先日行った病院でもやったんだけど。

その結果をCD-ROMに焼いてもらって紹介状と一緒に持ってきてるんだけどー!

…と思ったけど、やはり改めてやらねばならぬらしい。

 

ところで。私はここのブログに「どこの」腫瘍か、とは書いてなかったかもしれないってことに今気づいた。笑

 

でー…「父」というか「Π」というか。←書き方www

まあ、右胸、ですね。笑

 

検査技師さんは全員女性だったので、なんのためらいもなく脱げた。笑

(前に卵巣腫瘍をやった時の主治医の先生は男性だったけど、すぐに慣れて何のためらいもなくなったんで別に性別とか関係ないかもしれないけどね)

 

患部は右だけど、左も念のため。

 

つか、この検査の何が辛かったかというと。

ベッドに横になって右手を上げた状態で、超音波をかけてくんだけど。

 

右腕が痛い…(T_T)

 

これもまた別の記事にして書かなきゃなんだけど、11月の初めに今年2回め撓骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)』になりまして。 

この話を説明してると今日が終わらないんで、とりあえずここはスルーしていただいて。笑

 

しかも検査中、機材(おそらくPC)が途中で固まってしまったんで、再起動してもう1回とか…(T_T)

(どうも私は自分から電磁波を出しているらしく、よくこういう場面に遭遇する。。。←マジで) 

 

なので、通常の倍くらいの時間がかかってしまった。…疲れた…←もうこの時点でコレ。

 

検査メニュー②マンモグラフィー

 

はい、出ました。貧乳民がその痛みを各地で叫んでいる、アレです。笑

 

もれなく私も貧乳民なので、今まで乳がん検診を避けてきてしまった…という経緯すらある、アレ。

でも今回はいやおうなしですわな、当然。

 

右の腫瘍がある方は、多少大きくなっているので意外とそこまで痛くない…いや、それでも痛かった…(T_T)

 

でもね。

左、何でもないはずの左ですよ。

ちょっと待ってーーー!!!!!ってくらい痛かった…_| ̄|○ il||li

ない胸を引っ張って、透明なアクリル盤で挟むんすから!

もう痛いの痛くないのって!Σ(゚Д゚)

 

…まあね。私も貧乳民、貧乳民言ってますが。

全盛期(?)はDカップまで行っているので、これで貧乳とか言ってたら後ろから刺されてしまうがな~~^^;💦

 

検査技師さん(ここも女性)が、「若いから乳腺がまだ張ってて痛いんですよねー」とか、慰めにも似た言葉をかけてくれたけど…まず若くないしな(-_-;) 

 

「全然、これくらいなら大丈夫ですよー、もっともっと大変な方、いますから!」とも言ってくれたっけな。。。

 

まあ…貧乳であることを嘆いていたワケではなくて、それゆえに痛かったってところに私のなんとも言えない感情があるワケで。笑

 

ふと、ウチの母なら軽~く挟めるんだろうな…と、何故胸が母似になってくれなかったのかと今更ながら天を恨むことに。

…はい、母はどっちかと言うと巨乳民

うらやまし。(T_T)

 

最後、また診察室へ

そんなワケで。

痛い思いを連続技で仕掛けられ、よろよろとまた外科外来へ。

 

少し待っただけで、呼ばれた。

 

今日の2つの検査だけでは、やはり良性か悪性(癌)かは特定できない、とのこと。

 

超音波の画像(映像)もマンモグラフィーの画像も見せてもらったけど。

 

乳がんの発見が他の臓器なんかに比べて難しい、っていう意味がわかったような気がした。

 

そして治療も、手術して取ればいいっていうものじゃないってことも。

 

超音波で見る限り、血流もあるので悪性(癌)である可能性が高いけれど、マンモグラフィーの画像では、悪性の色とはちょっと違うように出ている。

 

なので、今度やる「組織を採取して調べる」という検査が必要、とのこと。

 

この検査も2~3mmの針の注射を刺すらしく、麻酔はかけるけど痛いらしい。

 

先生の話をはい、はい、と聞きながら、これはかなり面倒くさいことになったぞ…と思っていた私でありました…。

 

ガンかもしれない。でも違うかもしれない。

 

こんな状態での年越し、結構メンタル的にはキツイものがあるけれど。
(いや、実際痛みと熱があるからフィジカル的にもかw)

 

まだわからないことで不安に思ったり心配しすぎてもしょーがないので。

 

とりあえず少しずつ休みながら通常運転していきますか!

 

 

 

患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2016年版

患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2016年版

 
乳がんと診断されたらすぐに読みたい本  ~私たち100人の乳がん体験記

乳がんと診断されたらすぐに読みたい本 ~私たち100人の乳がん体験記

 
大切な人をがんから守るため 今できること 命の食事

大切な人をがんから守るため 今できること 命の食事

 
三十路、独り身、リアル乳ガン闘病記

三十路、独り身、リアル乳ガン闘病記

 
乳がん患者の8割は朝、パンを食べている

乳がん患者の8割は朝、パンを食べている

 

 

うん、ごめん…朝、パン食べてないよ……

 

 

広告を非表示にする